Windows10にアップグレードしたらXAMPPが起動しなくなった時の対処法

Windows10のアップデートが始まって1ヶ月、重大なバグはそれほど無さそうだったのでアップグレードしたらWindows7の時には動いていたXAMPPが起動しなくなったのでその時やった対応をメモしておきます。

たぶん簡単に直ります。

原因を調べる

原因はApacheが使ってた80番ポートがWindowsによって埋められてることっぽいです。

Windows10アップデート後にXAMPP起動したらこんなメッセージ出てきました。

Error: Apache shutdown unexpectedly.
This may be due to a blocked port, missing dependencies,
improper privileges, a crash,or a shutdown by another method.

XAMPP起動しない

解決に当たっては以下のサイトにお世話になりました。

Windows10にアップグレードしたらApache起動しなくなったので対策に乗り出したっていう話

どうやらWindows10ではいままで無効になってたIIS(インターネットインフォメーションサービス)というのが勝手に有効かされていて、それがApacheが使ってた80番ポートを使っちゃってるという話。

タスクマネージャーで確認

まずはタスクマネージャーでちょっと確認してみます。左下の検索ボックスに「タスクマネージャー」とかうって、タスクマネージャーを起動。

詳細タブで「PID」をクリックして昇順に並べ替えてみると PID 4 が System になってるはずです。こうなってたらほぼビンゴ。

th01

IISをオフにする

原因はWindowsのIIS(インターネットインフォメーションサービス)の確率が非常に高いのでこれをオフにします。

以前はOFFになってた機能だからたぶんOFFにしても大丈夫。

IISを無効にするためにはプログラムのアンインストールと変更 > Windows の機能の有効化または無効化 で行います。左下の検索ボックスに「Windows の機能の有効化または無効化」をコピペしたら出てきます。便利だー。

その中のインターネットインフォメーションサービスの中にあるWorld Wide Web サービス をOFFにすればOK。(ここにチェック付いていない人はたぶん違う原因)

th02

チェック外したらこんな画面が出てきます。

th03

「はい」で。

ちょっと時間がかかります(1分くらい)

th04

無事にチェックははずれました。

そして改めてXAMPPを起動したらめでたしめでたし。

起動しました!

スポンサーリンク