猫好きにはたまらない、京都 梅宮大社にいって色々スナップしてきた!

マイナーだけどお気に入りの梅宮大社

毎月恒例の京都ワークショップのため京都に滞在しています。で、今日の午前中はワリと時間が合ったのでロケハンもかねて梅宮大社(うめのみやたいしゃ)に行ってきました。HPが昔のホームページビルダーな感じで好感が持てますw

たぶん、京都以外の人にはまったくなじみのない神社だと思うのですが、個人的に結構お気に入りの場所。ポイントは2つあって、1つが猫がたくさんいること

もう一つはお庭がステキなところ。京都らしからぬ野性味あふれる感じがなんだか良いのですよね。

まずは猫ちゃん。

みな首輪をしているので神社で飼われているのかな?結構人懐っこく、今日見ただけでも5~6匹はいたかと。行く度に毎回誰かしらお迎えをしてくれます。

京都 梅宮大社

天気も良かったので気持ちそうに日向ぼっこ中。

京都 梅宮大社

孤高の白猫な感じ。

京都 梅宮大社

手前のお花をいい感じで前ボケにできました。この子、なかなかこっちを向いてくれなかったのでしばらく粘っての1枚。猫など身近な動物を撮るときは粘り強く、相手とコミュニケーションを撮るつもりで間合いをとると良いことが多いです。

京都 梅宮大社

写り込み。この後、自分の顔をなめるように水を飲むのです。

京都 梅宮大社

神社のお庭に入る前にしばらく猫たちと戯れました^^

ココまでは無課金で楽しめます(笑)

お庭は500円の課金プレイ

ここのお庭、冒頭にも紹介したように京都っぽくない野性味あふれる感じが良いのです。よく考えられて手入れがされていない的な?

今回で3回目で、1~2月にしか来たことないのですが、お庭の植物的にどの季節に行ってもたいてい何らかの撮る物があるんじゃないかな?

今回は蝋梅(ろうばい)水仙。もう少しすると梅も咲きます。というか梅がメインの神社だし。

この時期、木に咲いているお花はホント貴重。

京都 梅宮大社

よい香りをさせながらちょうど見ごろでした。お庭の中に蝋梅は3つあります。

京都 梅宮大社

蝋”梅”といいつつ、植物の分類としては梅の仲間ではないそう。梅のように幹に近いところで咲くからなのかな。

京都 梅宮大社

広角にしながら空に向かってグッとお花に近づいてみました。高いところだったので手を伸ばしながらノールックで。

手前から広がるように撮れるので梅や桜の撮影におススメです☆

京都 梅宮大社

隣の梅も蕾が膨らんできてたので、咲くのが楽しみです。

京都 梅宮大社

水仙もキレイでした^^

京都 梅宮大社

しかし、こんな虫もいないような寒い時期に花を咲かせるなんて、何か狙いがあるんでしょうかね。撮る側からしてみたら有難い話ですが(笑)

京都 梅宮大社

この写真、ポイントは背景の白い玉ボケ。これがなければ味気ない印象薄めの写真になっていたかも。この玉ボケの正体は後ろにある別の水仙です。

引きで撮るとこんな感じ。

背景のボケを意識する

手前のお花を撮るために、そのお花の背景に別のお花が入るようにポジションを替えました。慣れないうちは手前のお花だけに気をとられがちですが、慣れてきたら少しずつで良いので背景のことも考えながら写真を撮れるようになると良いですね!

これから半年ほどはお花のシーズン。

楽しみです。

スポンサーリンク